みずりゅう英語コーチング|*英語文型見分け方~英会話マイスター動画5選

※アフィリエイト広告を利用しています

ぼく

英会話をマスターしたいけど、どのテキストがいいのかな?
リスニングも学びたいけど、どうすればいい?

こんな人におすすめ!
  • どの英語テキストが良いかわからない
  • 情報が多すぎて、学習方法がわからない
  • 継続できなくて悩んでいる

という人向けに「1年間で英会話をマスターする」 ために「ここだけは押さえておきたいこと」をざっくりまとめてみました!


押さえるべきことは以下の3つだけです。

  1. 英会話学習のおすすめ 5人のマイスター
  2. 英語の文型の整理
  3. 英語の品詞の整理


簡単にまとめると、

難解な迷路でも、ゴールからスタートをたどることが一番。英語学習系YouTubeやブログなどで活躍されている5人のマイスターから学ぼう。

というのがポイントです。

成功者に共通することは、既に成功している人からのノウハウをきっちり学んでいます。

この記事を書いた人
ぼく

今回参考にさせていただいた情報は、僕の友人Aさんです。彼は、英語を独学で学びTOEIC920点、英検1級を取得し、普通にネイティブとも会話が出来るようになった羨ましい人です。

目次

英会話5人のマイスター

英語系YouTubeで活躍している5人のマイスターについては、以下よりご確認ください。

  1. AtsueigoのAtsuさん
  2. mizuryu englishのみずりゅうさん
  3. ごく普通の外国人のがっちゃんのがっちゃん
  4. ニック式英会話のニックさん
  5. イングリッシュおさるのおさるさん
最強コスパサービスはこちら!

英会話学習基礎の基礎とは?

今回は、基礎学習のひとつである英文法の入り口、「第5文型と品詞」についてみずりゅうさんのYouTube動画で学んでみました。


文型と品詞を制するものは、英文法も制すと言われるくらい最重要項目です。


みずりゅうさんは、高校のネイティブ英語講師やAtsueigoのAtsuさんと出会いにより、英語学習本格開始、高校偏差値39からでバイリンガルセンター英語満点をとった強者です。


英語が苦手な人の気持ちもよく分かるみずりゅうさんなので、とても分かりやすく、英語という「言語の仕組み」をよく理解することが出来ました。

みずりゅうさんのYouTube動画『英文法完全攻略』(1時間45分)

英文法についてのもう一つのおすすめ動画記事は、以下より確認できますので、合わせて読んで見てください。

『文型の整理』

英語を話したい、外国の友達を作りたい、英語を使う仕事をしたいと思うならば、まず英文法の理解が必要です。ところが、英文法と聞くと思考回路停止する人多いですよね。

・英文法が理解できていない人は、「品詞と文型」が理解できていない

・一度、「品詞と文型」をきっちり理解できると英文法がすらすらと理解できる

・木の幹である「品詞と文型」を理解することが英会話習得の近道

英文法完全攻略 引用

まずは、英文法攻略の基礎の基礎である英語の文型から説明していきます。

文の要素と品詞との関係

文の要素と品詞とは別ものです。文の要素とは、英文の語順を表すための記号、品詞とは、ほかの部分とのつながりを表しているルールをまとめたものです。

  • 【SVOCの働き】
    S=主語 〜は、〜が
    V=動詞 〜する(単語による)
    O=目的語 〜を、〜に
    C=補語
  • 【SVOCと品詞の関係】
    S=名詞
    V=動詞
    O=名詞
    C=名詞or形容詞
    (副詞は、SVOCに含まれないが、第1〜5文型が終わった後には副詞のかたまりしか置くことができない)

英語の第1〜第5文型

文の要素の並べ方のパターンは5週類に分けられています。

  1. 文型 S(主語)+V(動詞)
    例)I went to school(前置詞+名詞の副詞) yesterday(副詞).
    第1文型の動詞は自動詞(後ろに前置詞を置く)
    例)
    run,work,go,look,standなど
  2. 文型 S (主語)+V (動詞)+C(補語) ▶︎S=C
    例)
    I’m happy.
    He is tired,
    He looks young.
    He is a teacher,
    第2文型の動詞は、Be動詞、taste,lookなど
  3. 文型 S(主語)+ V(動詞)+ O(目的語)▶︎SはVするOを
    例)
    I study English.
    I play soccer.
    I like dogs.
    第3文型の動詞は他動詞
  4. 文型 S (主語)+V (動詞)+O (目的語)+O(目的語)
    =SはV与える○に○を➡️ VO人Oもの
    ▶︎「与える」系の動詞「give与える」,「tell伝える」,「teach教える」,「show見せる」,「send送る」など
    例)
    He gave me a book.
    He showed me a picture.
    He teaches us English,
  5. 文型 S(主語)+ V(動詞)+ O (目的語)+C(補語)
    =〜は(S)・〜させる(V)・〜を(O)・〜に(C)➡️ O=Cの関係
    make OC  = OにCさせる
    find OC = OをCだとわかる
    call OC = OをCと呼ぶ
    name OC = OをCと名付ける
    例)
    This movie makes me happy,
    I found this movie interesting.

『品詞の整理』

【名詞】

名詞は、人やもののの名前、〜といること、〜なことの意味をとり、位置としては、主語(S)、目的語(O)、前置詞の後ろ、補語(C)に置ける

  1. to不定詞 名詞的用法…to+動詞(〜すること/S、O、Cの位置に来る)
  2. 動名詞…動詞+ing(〜すること/S、O、Cの位置に来る/前置詞の後ろに置ける)
  3. 接続詞that節…that+文章(〜ということ/ S、O、C、前置詞+名詞の位置に来る)
  4. 接続詞if,whether節…ifとwhether+文章(〜かどうか/S、O、C、前置詞+名詞の位置に来る)
  5. 疑問詞節…5W1H(目的語Oの位置に来る)を使い、名詞のかたまりを作り
    「いつ〜なのか(わからない)などのように文章の一部になる使い方

【動詞】

動詞は自動詞と他動詞に分けれ、自動詞は、目的語を取らない動詞、他動詞は、目的語を取る動詞です。

  1. 状態や動作を表す
  2. 主語(S)の後ろに置く
  3. Be動詞(ある、いる、である、なる、=イコール)
  4. 一般動詞(Be動詞意外の動詞)
    ・自動詞(目的語を取らない/第1文型)
    ・他動詞(目的語を取る/第3〜5文型)
    ・句動詞(動詞+前置詞)
  5. 3人称単数の現在形には「S」
  6. 否定文はBe動詞の後ろにnotを置く
  7. 疑問文はBe動詞を主語の前に置く
    ▶︎原形…何の変化もしていない(命令文/助動詞のある文/第5文型のCになるとき/to不定詞のあと
    ▶︎現在形…いつも形(習慣)
    ▶︎過去形…過去のこと
    ▶︎未来形…willを使って未来を表す(その場で決まったこと)be going toを使って未来を表す(既に予定していたこと)

【形容詞】

形容詞には、名詞を説明し、位置は、保護(C)、関係詞(S,V,O,C)におくことができる。冠詞 → 形容詞 → 名詞の順で使う  例) a red apple

  1. 現在分詞…動詞ing(〜している○○/⑴前から名詞を説明(1割)、⑵後ろから名詞を説明(9割)
  2. 過去分詞…動詞ed(〜される○○、された○○と名詞を説明)
  3. to不定詞 形容詞的用法…〜するための、すべき
  4. 関係詞…名詞と形容詞のかたまり(〜している)
  5. 前置詞+名詞…形容詞のかたまりを作る(〜いる、ある)

【副詞】

副詞は、動詞、副詞を説明し、S,V,O,Cに入らない。位置は、SとVの間(例:sometimesなど)、文の最後(例)yesterday,hardなど)です。

  1. 前置詞+名詞…いつ、どこで、なぜ、どのようにの4つの意味の副詞のかたまりを作る
  2. to不定詞 副詞的用法…〜するために(動詞を説明)
  3. 等位接続詞…when,if,because,althougで副詞のかたまりを作り動詞を説明
    (⒈When sv,SV、⒉Sv when sv.)
  4. 分詞構文…S、V、O、Cに入らず、Mの位置で使われる副詞句
  5. 現在分詞
    進行形:be動詞+ing(〜している/今まさに形)
    過去進行形:be動詞過去+ing(過去の一点での連続した動作)
    動名詞:「ing」という現在分詞形にする
  6. 過去分詞
    完了形:have+過去分詞
    (⒈経験:〜したことがある、⒉継続:ずっと〜している、⒊完了:〜した)
    受動態:be動詞+過去分詞(〜される)

英リスニング、スピーキング強化には、オンライン英会話が必須です!

<オンライン英会話サービス3選(無料体験からはじめる>

まとめ『みずりゅう英語コーチング』

みずりゅう英会話コーチングから学んだこと
  • 英会話習得の早道は、ゴールを知っている5人のマイスターから学ぶこと
  • 英会話の基礎は、やはり英文法、基礎学習ははぶかない
  • 英会話の基礎の基礎 「文型と品詞」を徹底マスターが超重要
ぼく

色々な情報に振り回される気持ちは、痛いほどわかりますが、信念を持って継続することが本当に大切だと感じています。

「週4時間」だけ働く。』の著者で有名なティモシー・フェリスさんが語学習得についてのポイントとして、

ティモシー・フェリスの「三位一体」のルール
  1. 有効性(優先順位を決める)
  2. 執着性(興味があるかどうか)
  3. 効率性(過程を決める)

を提唱されており、まさに5人のマイスターがそこへ導いてくれます。

『今すぐ英語をマスターしたい人』は、まず『基礎の基礎である英文法』から始めてみましょう!


みずりゅうさんの動画視聴で学んだ人は、以下の基礎学習(英文法と英単語)に進むことをおすすめします。

イングリッシュおさるさん・Atsuさん・みずりゅうさんのオススメする厳選単語帳・文法書はこちら確認してみてください。

¥3,080 (2024/02/26 01:14時点 | Amazon調べ)

IELTS7.0/TOEIC 945TINATECHのTinaさん のレビュー記事【DUO3.0】飛躍的にスピーキングが伸びる!【使い方解説】は、こちらからご確認ください。具体的な学習の進め方がまとめられており、とてもわかりやすいので、合わせて読んで見てください。

¥2,640 (2024/02/16 17:00時点 | Amazon調べ)

さらに英語の勉強(日本一わかりやすい英会話の授業)がしたい方はこちらです。

6ヶ国語を話すティモシー・フェリス氏のレビュー記事を読みたい方はこちらです。

その他当サイトの人気記事を読みたい方はこちらです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ブログマップ(BlogMap)始めました。<購読>または<いいね>していただけるととても嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【人生の歩き方を探している方へ】子供にも学ばせたくなるcontentsとして、『人生の歩き方』をテーマに、「子育て」「心の余裕」「お金の余裕」「夢をかなえる」など有益情報を発信中。
■X(twitter):@boku_lifehack

コメント

コメントする

目次